メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

パナマ文書ショック

ICIJのサイトにあるパナマ文書特集ページ

 深い霧に包まれていた租税回避地(タックスヘイブン)。その一端が「パナマ文書」によって浮き上がった。富の偏在が拡大している実相を数理的に明らかにしたのは仏の経済学者のトマ・ピケティ氏だったが、今回の内部文書は一握りの金持ち、権力者たちが富を増やし続ける“秘訣(ひけつ)”をさらけ出そうとしている。何が問われようとしているのか。

この記事は有料記事です。

残り4413文字(全文4576文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  5. マクドナルド福増町店 道路の真ん中に!? 味なことやる バイパス遊休地を活用 /北陸

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです