メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パナマ文書

各国、規制強化に本腰 実質所有者把握へ

 【ロンドン坂井隆之】パナマ文書の報道で租税回避地(タックスヘイブン)を使った課税逃れへの批判が高まったことを受け、各国は相次いで規制強化に乗り出している。

 米国のオバマ政権は5日、課税逃れ対策を強化する法改正案を発表した。米国内で設立されたり事業認可を受けたりした法人を対象に、実際に資金を出して利益を得ている「実質的所有者」の報告を義務付け、違反には罰則を科す。実体の無いペーパーカンパニーが、脱税や資金洗浄(マネーロンダリング)の温床となるのを防ぐのが狙いだ。

 日米欧に中国など新興国を加えた主要20カ国・地域(G20)も4月の財務相・中央銀行総裁会議で、実質…

この記事は有料記事です。

残り1735文字(全文2018文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  2. 過保護のカホコ テーマは「愛と夢の両立」? カホコ&初の結婚生活は… SPドラマ今夜放送
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  5. プレイステーション 復刻版「プレイステーション クラシック」発売 12月3日に9980円で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです