メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子供の変調、相談66件 「夜怖い」「乱暴に」

 熊本地震による子供たちの変調を訴える保護者からの相談が、熊本県内の3児童相談所で計66件に上っていることが、各児相への取材で分かった。「友人に対して乱暴になった」「夜が怖い」などの相談が寄せられているという。県教育委員会と熊本市教委は実態把握に向け、県内の全公立小中高などの児童生徒約18万人を対象にしたアンケート調査に乗り出した。

 県内には児童相談所が3カ所ある。4月14日の地震発生以降、地震と関連がある保護者からの相談は、熊本市児相31件(5月9日現在)▽県中央児相30件(10日現在)▽県八代児相5件(同)−−あった。県内では11日から全ての公立学校で休校措置が解除されるが、子供たちの心のケアが課題になりそうだ。

 各地の児相によると、「電気をつけたままでないと眠れない」「夜中に泣き出してしまう」など、余震の恐怖による心身の変調を訴える声が多かった。また、「友人にいじわるをするようになった」「きょうだいにきついことを言うようになった」といった相談もあり、長期化する避難生活によるストレスも一因ではとみられる。

 こうした状況を受け、県教委は「心と体のチェックリスト」と呼ぶ記名式のアンケート調査を始めた。「涙があふれてくる」「1人になるのが不安である」「誰かに話を聞いてほしい」といった心理状態や食欲などを聞く計20項目の質問があり、児童生徒は「とてもあてはまる」「少しあてはまる」など四つの選択肢から選ぶ。熊本市を除く公立小中高校、特別支援学校の全児童生徒を対象に、6日以降、各学校に調査用紙を送付した。

 熊本市教委も、ほぼ同内容の17項目のアンケート調査を市立の幼稚園、小中高校、専修学校で始めた。県教委、市教委とも調査結果を踏まえ、必要に応じてスクールカウンセラーらによる心のケアにつなげる考えだ。

 市教委総合支援課は「子供の心のサインを見逃すと、行動や学習に影響する可能性もある。いち早く大人が気づいてケアをすることが重要だ」と話している。【中里顕、井川加菜美】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「オタ芸」訴訟 男性の控訴棄却「鑑賞の仕方はさまざま」
  2. 二階幹事長 「失言は仕事だから」
  3. 桑原武夫蔵書 遺族に無断で1万冊廃棄 京都市が謝罪
  4. 地震動予測地図 関東~四国で高い確率継続…震度6弱以上
  5. 18歳のリスク ローンカード契約 だまされ120万円、即日借金

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]