メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR東海

これが「ドクター東海」 在来線用の検測車両

公開された在来線用の検測車両「ドクター東海」=名古屋市中村区で2016年5月11日午前6時8分、木葉健二撮影

0.1ミリ単位で検知の最新センサー、高画質カメラ新搭載

 JR東海は11日、最新のセンサーや高画質カメラを新たに搭載し、性能を向上させた在来線用の検測車両「ドクター東海」の内部を名古屋市内で報道公開した。同車両は3両ずつの2編成があり、先頭車の前面が黄色いのが特徴。最高時速120キロで走行しながら線路の状態などを検査・測定する。

公開された在来線用の検測車両「ドクター東海」の内部=2016年5月11日午前7時31分、木葉健二撮影

 新センサーでは、レールを固定するボルトの緩みを、従来の1ミリより微細な0.1ミリ単位で検知できるようになった。進行方向を映すカメラは、画素数を40万画素から200万画素に高画質化した。またパンタグラフを監視するカメラを1台から4台に増設。約24億円を投資した。

 同車両は既に、管内12の在来線(全約2000キロ)を月2回は走行。JR東海の三沢真・保線課主任は「精度が大幅に上がり、異常を検知しやすくなった」と説明した。【林奈緒美】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR貨物 レール点検中の社員はねられ死亡 福岡
  2. 交通事故 自転車の男児はねられ重体 宝塚の交差点
  3. レイプドラッグ 意識失い性的被害 公判で不利な立場にも
  4. 訃報 島田満さん58歳=テレビアニメの脚本家
  5. 名古屋大 尿検査で5種類のがん発見 早期治療に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]