メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

文字と手話で伝えたい…動画サイトを開設

佐藤さんらが開設した聴覚障害向けサイト

山形の聴覚障害者支援団体「HAPUNE」

 熊本地震で被災した聴覚障害者に役立ててもらおうと、山形県の聴覚障害者支援団体「HAPUNE」(ハプネ)の佐藤万美(まみ)代表(39)が被災者向けの支援物資などの情報を手話と文章で伝える動画サイトを開設した。自身も聴覚障害がある代表の佐藤さんは「必要な情報が入らずに苦しんでいる聴覚障害者への理解を深めてほしい」と呼び掛ける。

 佐藤さんは2011年3月に東京で東日本大震災を経験した時、テレビ映像に字幕の被害情報が流れないことに気付いた。宮城県で被災した聴覚障害がある友人からも「自治体の配給情報は音声で伝えるだけで、よく分からない。とても不安だ」と連絡があり、インターネット上で被災地の情報を集めては友人に伝えた。

 聴覚障害者でつくる一般財団法人「全日本ろうあ連盟」(東京都新宿区)によると、災害のたびに国やテレビ局に対し、字幕と手話通訳を要請しているが、熊本地震でも対応が十分とはいえない状況だという。

 そこで佐藤さんは「これまでの災害の教訓を生かすには、当事者がアクションを起こすことが大切だ」と思い立ち、仲間とともに地震発生4日後の4月18日にサイトを開設。支援物資の情報を掲載している他、医師の助言を得て製作したエコノミークラス症候群の予防法などを手話で伝える動画を流している。

 熊本市東区の聴覚障害者の女性(39)は「障害者の中には文字が読めない人もいる。サイトの動画は手話もあって分かりやすい。サイトを知らない障害者に一人でも多く伝えたい」と話す。

 佐藤さんは「耳が聞こえない人にとって、災害時に情報が得られないと、命を守れないことに直結することもある。互いに助け合える社会になってほしい」と呼び掛ける。詳しくは「ろう者・難聴者・中途失聴者のための震災情報サイト」。【生野貴紀】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草なぎ剛 「新しい可能性を信じて努力したい」 “今年最も輝いた男性”に喜び
  2. 大相撲九州場所 白鵬自ら「物言い」 軍配変わらず初黒星
  3. 女性議員の産休 公表で批判続々 前例少なく制度整備遅れ
  4. 首相 「籠池被告は詐欺を働く人物」 法曹関係者が批判
  5. 「森友」検査院報告 解明、あとは首相「誰が得、究明を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]