メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相「日米が共に追悼する機会に」

オバマ米大統領の広島訪問決定について報道陣の質問に答える安倍晋三首相=首相官邸で5月10日午後9時5分、真野敏幸撮影

 安倍晋三首相は10日夜、オバマ米大統領の広島訪問を歓迎すると共に、大統領と共に広島入りする意向を表明した。

 首相は「70年前の原爆投下によりたくさんの市井の人々が無残にも犠牲となった。今回の訪問をすべての犠牲者を日米が共に追悼する機会としたい」と語った。そのうえで、「オバマ大統領が広島を訪問し被爆の実相に触れ、その思いを世界に発信することが核兵器のない世界に向けて大きな力になる」と訪問の意義を強調した。

 また、米国内で大統領の広島訪問に一定の反発が予想されることを念頭に「大統領が実際に被爆地に足を運ぶ。それは米大統領にとっては大きな決意だったと思う」と述べ、オバマ大統領に配慮を見せた。

 外務省幹部によるとオバマ大統領は平和記念公園を訪問する予定。原爆資料館などを訪れるかは今後調整する。【真野敏幸】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 豊田衆院議員 暴言「高速逆走が原因」会見で自民・細田氏
  2. ネット音声公開 豊田議員?「私の心をたたいている…」
  3. 麻生財務相 離党届の豊田氏「あれ女性です」 派閥会合で
  4. 自民 「死ねば…」の暴言も 豊田真由子衆院議員が離党届
  5. 自民 「気持ちは分かる」河村氏が豊田氏擁護、後に訂正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]