メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パナマ文書

実質的所有者を把握へ 各国が規制強化

 【ロンドン坂井隆之】パナマ文書の報道で租税回避地(タックスヘイブン)を使った課税逃れへの批判が高まったことを受け、各国は相次いで規制強化に乗り出している。

 米国のオバマ政権は5日、課税逃れ対策を強化する法改正案を発表した。米国内で設立されたり事業認可を受けたりした法人を対象に、実際に資金を出して利益を得ている「実質的所有者」の報告を義務付け、違反には罰則を科す。実体の無いペーパーカンパニーが、脱税や資金洗浄(マネーロンダリング)の温床となるのを防ぐのが狙いだ。

 日米欧に中国など新興国を加えた主要20カ国・地域(G20)も4月の財務相・中央銀行総裁会議で、実質…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文590文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  2. コトバ解説 「被爆」と「被曝」の違い
  3. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  4. 大阪・寝屋川の中1殺害 「娘は優しい子」被害者母が証言 公判
  5. 万博 誘致費36億円 大阪府知事「必要経費」理解求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです