メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領広島へ

被爆地の声聞いて「核被害、怖さ伝える」

被爆体験を語る梶本淑子さん=広島市中区で2016年4月9日、川平愛撮影

 広島、長崎の人々の頭上に人類で初めて原爆を落とし、今も世界最大規模の核兵器を保有する米国のトップが、原爆投下から71年を経て初めて被爆地を訪れる。広島の被爆者や関係者は、オバマ大統領の広島訪問決定にさまざまな思いを交錯させ、自分たちの声に耳を傾けてほしいと期待を寄せた。【山田尚弘、竹下理子】

 元中学教諭で広島県原爆被爆教職員の会会長の江種祐司さん(88)=府中町=は「原爆によってどんな被害が出たか、オバマ氏自身が事実を知ろうという気持ちがあるのなら、喜ばしい」と歓迎した。一方で、「被爆直後は無傷だった人間でも、耳や鼻から血を流し、体に紫色の斑点が浮かんで亡くなっていく例が多かった。そういう被害こそが核被害の本当の恐ろしさで、被爆者から話を聞かなければ分からない」と語った。

 14歳の時、爆心地の北約2.3キロで被爆し、4月の主要7カ国(G7)外相会合で報道関係者向けに証言…

この記事は有料記事です。

残り1088文字(全文1479文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  4. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  5. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです