メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙なるほドリ

Q 18歳が最初に投票できる選挙はいつ?

日本棚田百選に選ばれている福岡県うきは市の「つづら棚田」。7月3日投開票の市長選が、18歳が投票する初の選挙になるか=田鍋公也撮影

A 選挙権年齢を18歳以上に引き下げた改正公職選挙法は、6月19日の施行以降に公示される国政選挙から適用すると定められ、夏の参院選から適用される見込みです。ただし、地方選挙が初の投票事例になるかもしれません。

     参院選は6月23日公示、7月10日投開票とみられていますが、公示後に地方選が告示されると、選挙期間は市が7日間、町村が5日間と参院選(17日間)より短いため、福岡県うきは市長選(6月26日告示、7月3日投開票)や滋賀県日野町長選(6月28日告示、7月3日投開票)の方が先に投票日を迎えます。参院選の日程が1週間後になれば、これらの選挙は20歳以上のままです。【錦織祐一/デジタル報道センター】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
    2. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
    3. 日大チア 監督「退部許さぬ」 女子部員「自殺考えた」
    4. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
    5. 夏の高校野球 準決勝見どころ 実力十分の大阪桐蔭と済美

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです