メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

東日本大震災の教訓を熊本へ 長期化する避難生活対策 さあ、女性の視点を生かす時

家に帰ることができない人たちでいっぱいになった避難所=熊本県益城町で2016年4月22日、山崎一輝撮影

 熊本地震の被災地では住民の避難生活が長引いている。東日本大震災で避難の長期化に伴い重視されたのが「女性の視点」だった。なぜそれは必要か。東日本大震災の教訓を熊本へ、どう生かせばいいのだろう。【宇田川恵】

トイレ、着替え、授乳の場…

 仙台市宮城野区長を務めていた木須八重子さん(現せんだい男女共同参画財団理事長)は東日本大震災当初のある出来事を忘れない。宮城野区には約30カ所の避難所があり、一つ一つを回っていた時のこと。ある避難所でちょうど運営方法を決める運営委員会が開かれていた。委員は全員が男性で、委員長は年配者。委員の一人が「トイレを男女別にしてほしいって話が出てるんだけど」と発言した。トイレは共同だったため、女性から要望があったという。しかし委員長は「そんなめんどくさいことすっことないよ!」と一蹴した。

 木須さんは慌てて言った。「いやいや、トイレは別にしてください。女性の気持ちを分かってあげましょうよ…

この記事は有料記事です。

残り2246文字(全文2653文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 熱射病 小1死亡 校外学習後「疲れた」 愛知
  2. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  3. カジノ法案 19日にも採決 借金限度額など決めないまま
  4. 第100回全国高校野球 地方大会 西東京 14日
  5. 第100回全国高校野球 地方大会 西東京 10日

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]