メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

二つの詩文学賞贈呈式 言語の潜勢力示す 鮎川信夫賞/高見順賞に各2氏

 第7回鮎川信夫賞(鮎川信夫現代詩顕彰会主催)を受賞した詩集『顔をあらう水』(思潮社)の蜂飼耳(はちかいみみ)さんと詩論『マイケル・パーマー』(同)の山内功一郎さんに対する贈呈式がこのほど、東京都内で開かれた。

 選考委員の北川透さんは「語り得ないものを語るという言語の潜在的能力“潜勢(せんせい)力”を印象付ける受賞作だった」と述べ、『顔をあらう水』について「ここでは逆の道をたどって同じことがなされている。既成概念化した言葉を脱色し、常識から引き剥がすことで、見えないものが見えてくる」と評した。

 蜂飼さんは「鮎川信夫は詩と同時に詩論を引き締め、時代の見取り図を示した。それが今も問われている。鮎…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 羽生の後でも乱れず チェン、圧巻の世界最高得点で2連覇
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  5. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです