メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テロ対策

揺れるアジア インドネシア、捜査権強化に批判/中国、欧米が人権侵害懸念

拘束中に死亡した過激派の男について、記者会見で経緯を説明するインドネシア警察幹部=4月5日、ジャカルタ支局助手トリア・ディアンティ撮影

 アジア地域でも過激派組織「イスラム国」(IS)などによるテロの脅威が高まり、各国が強権的な反テロ法制定を急ぐ。一方、国内の人権団体や欧米諸国からは人権侵害への懸念が相次ぎ、テロ対策の難しさを浮き彫りにしている。

インドネシア、捜査権強化に批判

 【ジャカルタ平野光芳】イスラム過激派の取り締まりを巡り、インドネシアの世論が揺れている。今年1月、首都ジャカルタで30人以上が死傷したテロ事件を受け、政府は警察に強力な捜査権限を与える法改正を目指している。だが、そのさなか、逮捕された過激派の男が不審死する事件が発生。権限乱用を懸念する声が高まっている。

 「インドネシアのグアンタナモ法案だ」。人権団体幹部のハリス・アザール氏はテロ対策法改正案について、…

この記事は有料記事です。

残り1180文字(全文1504文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです