メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未踏の世界へ

ヒッグス粒子解析、率いる 東京大教授・浅井祥仁さん

「ミクロな素粒子から広大な宇宙のなぞを解き明かしたい」と語る浅井祥仁さん=東京大で

浅井祥仁(あさい・しょうじ)さん(49)

 昨年12月、一つのニュースが世界中の素粒子物理学者を驚かせた。万物に質量を与える素粒子「ヒッグス粒子」を発見した欧州合同原子核研究所の大型加速器「LHC」で、さらに未知の粒子が存在する可能性を示すデータが得られたとの内容だった。ヒッグス粒子より約6倍重いという特徴がある。「この数カ月、そのことで頭がいっぱい。正体を突き止めたい」

 振り返ると、ヒッグス粒子発見の過程で得たデータにも、それらしきものが見えていた。年内にも新たな実験…

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文827文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム真理教 「こんなことになるとは」 井上元死刑囚、執行直前
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
  4. あおり運転 堺の大学生死亡、追突の運転手を殺人罪で起訴
  5. 時の足音 オウム処刑と天皇制

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]