メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三菱自

日産傘下に 3割出資受け入れ最終調整

日産自動車グローバル本社=2012年、本社ヘリから

 燃費データ不正問題を起こした三菱自動車に対し、日産自動車が約3割出資する方向で調整に入ったことが11日明らかになった。三菱自動車は事実上、日産の傘下に入って、経営再建を目指すことになる。

     三菱自動車の不祥事をきっかけに自動車業界の大型再編に発展する可能性が出てきた。

     三菱自は燃費不正問題で顧客へのガソリン代やエコカー減税などの補償が必要となっている。さらに、2000年以降のリコール(回収・無償修理)隠し問題など不祥事が重なって、企業イメージが悪化。販売が大幅に落ち込んでおり、経営への打撃が懸念されている。

     三菱自と日産は11年、折半出資で軽自動車の共同企画会社を設立。三菱自が生産した軽自動車を日産に供給している。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
    2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
    3. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
    4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
    5. サウジ記者殺害 CIA「皇太子が殺害を指示」 米紙報道

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです