メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

被災の熊本城を公開

地震で立ち入りが規制されている熊本城内が報道公開された。「頬当御門(ほほあてごもん)」の石垣は完全に崩れ、通行できない状態だった(奥は天守閣)=熊本市中央区で2016年5月11日、小関勉撮影
=12日午前0時現在

 熊本地震で大きな被害が出た熊本城の天守閣や本丸などが11日、報道陣に公開された。4月14日の前震後、立ち入りが規制されている。正面玄関にあたる頬当御門(ほほあてごもん)は周囲の石垣が大きく崩落して、天守閣への通路がふさがれていた。

     1960年に再建された天守閣に飾られていたしゃちほこは、大天守と小天守の間にあるやぐらの屋根まで約20メートル落下し、ばらばらに破損。天守閣を支える石垣も崩れて床面がむきだしになり、天守閣入り口にも崩れた石垣が流れ込んでいた。【井川加菜美】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
    2. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
    3. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
    4. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入
    5. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです