メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

被災の熊本城を公開

地震で立ち入りが規制されている熊本城内が報道公開された。「頬当御門(ほほあてごもん)」の石垣は完全に崩れ、通行できない状態だった(奥は天守閣)=熊本市中央区で2016年5月11日、小関勉撮影
=12日午前0時現在

 熊本地震で大きな被害が出た熊本城の天守閣や本丸などが11日、報道陣に公開された。4月14日の前震後、立ち入りが規制されている。正面玄関にあたる頬当御門(ほほあてごもん)は周囲の石垣が大きく崩落して、天守閣への通路がふさがれていた。

     1960年に再建された天守閣に飾られていたしゃちほこは、大天守と小天守の間にあるやぐらの屋根まで約20メートル落下し、ばらばらに破損。天守閣を支える石垣も崩れて床面がむきだしになり、天守閣入り口にも崩れた石垣が流れ込んでいた。【井川加菜美】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
    2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
    3. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
    4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
    5. 灯籠下敷き 中学生死亡 飛び降り時、手かけ石落下 /群馬

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです