メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヘイトスピーチ法案

参院委で可決、今国会で成立へ

多くの傍聴者が見守る中、ヘイトスピーチ対策法案を全会一致で可決した参院法務委員会=国会内で2016年5月12日午後2時29分、藤井太郎撮影

 特定の人種や民族への差別をあおるヘイトスピーチを巡って、国や自治体に不当な差別の解消に向けた施策を講じることなどを求める対策法案が12日、参院法務委員会で全会一致で可決した。参院本会議での採決を経て衆院に送られるが、今国会で成立する見通し。

 法案は、適法に日本国内に居住する日本以外の出身者や子孫を保護対象とし、「差別意識を助長する目的で、公然と生命や身体、名誉、財産に危害を加える旨を告知する」ことや「著しく侮蔑する」ことを不当な差別的言動と定義。その上で、国や自治体には相談体制の整備や、教育、啓発活動の充実を求めている。一方で「表現の自由」との兼ね合いから、禁止規定や罰則は盛り込まなかった。【鈴木一生】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 骨折 自分の骨で固定し治療 手術中ねじに加工 島根大
  2. 重過失致死 スマホ自転車、死亡事故 女子大生書類送検へ 神奈川県警
  3. JR東海 L特急名称廃止 来春のダイヤ改正で表記消える
  4. 世田谷一家殺害17年 遺族ら動画作成、無念伝える
  5. 富岡八幡宮死傷 超格差社会? 神社を巡る意外な事情

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]