メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演出家の蜷川幸雄さん死去、80歳…文化勲章受章者

舞台演出家の蜷川幸雄さん=山本晋撮影

 “世界のニナガワ”として国際的にも高く評価された舞台演出家で、文化勲章受章者の蜷川幸雄(にながわ・ゆきお)さんが12日午後1時25分、肺炎による多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。80歳。通夜は15日午後6時、葬儀は16日正午、港区南青山の青山葬儀所。喪主は女優真山知子として活動した妻宏子(ひろこ)さん。

シェークスピア演出

 埼玉県川口市生まれ。開成高を卒業後、画家を志したが、安部公房作の舞台「制服」を見たのがきっかけで1955年、劇団青俳に俳優として入団した。アングラ全盛期の68年、青俳の蟹江敬三、石橋蓮司さんらと劇団現代人劇場を創立。69年、清水邦夫さん作の「真情あふるる軽薄さ」で演出家デビューした。

 74年、日生劇場の「ロミオとジュリエット」の演出で初の大劇場進出。以降、活躍の場を商業演劇に移し、日本の戯曲からシェークスピアなど古今東西の延べ約300作品を手がけた。83年、平幹二朗さんを女形に起用した「王女メディア」のギリシャ・ローマ公演で初の海外進出。以降、ほぼ毎年海外公演を重ね、国際的評価を獲得した。2002年に名誉大英帝国勲章を受けた。

 演出家デビュー時から、演劇と社会、時代との関わりを明快に打ち出し、挑発的な姿勢は時にセンセーションを巻き起こした。12〜13年には、紛争が続くイスラエルで公演を果たした。

 劇場空間を埋め尽くす大胆で豊かな詩的イメージに満ちた視覚的な世界は、国境を超えて多くの観客を魅了。稽古(けいこ)場では怒声とともに灰皿が飛ぶという、妥協を許さない厳しい演出姿勢で知られた。主宰する「さいたまネクスト・シアター」では若手俳優を育成する一方、「ゴールド・シアター」では高齢者を起用し、演劇の新しい可能性を追求し続けた。

 菊田一夫演劇賞(79年)、読売演劇大賞最優秀演出家賞(97年など)、毎日芸術賞(00年)など受賞多数。04年文化功労者、10年文化勲章。彩の国さいたま芸術劇場芸術監督。映画やドラマの監督もつとめた。長女は写真家の蜷川実花さん。

 体調を崩しながらも、年間約10本もの作品を手がける多忙さは最後まで変わらなかった。16年2月から自身の半生をモチーフにした新作舞台「蜷(にな)の綿」を演出予定だったが、病気療養のため延期。25日にはシェークスピア作品「尺には尺を」の初日が控えていた。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防衛相 稲田朋美氏、辞任の意向固める
  2. 今井絵理子参院議員 コメント全文 不倫「断じて略奪ではない」
  3. 今井絵理子参院議員 橋本健・神戸市議がコメント 週刊誌の内容は「概ね事実」
  4. 参院議員資産公開 歌手の今井絵理子氏、預金6800万円
  5. 七夕まつり 愛知・一宮で開幕 飾り1000本風に揺れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]