メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

志和口駅

猫の「りょうま駅長」、訪問1万人を達成…広島

「非公認駅長」猫のりょうま=「りょうまを見守る会」提供

 広島市安佐北区のJR芸備線志和口(しわぐち)駅で、「非公認駅長」猫のりょうまを訪ねた人が1万人に達し、ファン組織「りょうまを見守る会」が12日にシャクナゲを植樹した。

     りょうま駅長は雄で、推定11歳。約6年前に駅に姿を現して乗客を見守り、人気を集めている。近くに名所があって、地元で親しまれているシャクナゲを記念に植えた。

     シャクナゲの花言葉は「警戒」。オバマ米大統領訪問が決まり、広島には厳重な警戒態勢が敷かれる。「シャクナゲと一緒に駅の安全を守るにゃん」。りょうまもそう意気込んでいる?【菅沼舞】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
    2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
    3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
    4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
    5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです