メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みちのく建物探訪

盛岡市 手でみる博物館 視覚障害者に「本物」を /宮城

民家2階が「桜井記念・視覚障がい者のための手でみる博物館」。玄関横には、触ることでいろいろ理解してもらおうと、手の形をしたモニュメントが置かれている

 木造2階建ての民家の2階に上がると、サメやライオンなど動物の剥製、駅ホームなどのミニチュア模型が並ぶ。

 盛岡市にある「桜井記念・視覚障がい者のための手でみる博物館」は、視覚障害者が直接手で触れることができる展示品をそろえた博物館だ。2月に79歳で亡くなった桜井政太郎名誉館長が生前に収集、または製作した約3000点は、触る人の好奇心を満たし「本物」を伝える工夫が詰まっている。

 2011年から桜井さんとともに働いてきた現館長の川又若菜さん(34)は「『百聞は一触(いっしょく)…

この記事は有料記事です。

残り895文字(全文1134文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  3. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです