メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジル

暫定政権 捜査対象3人入閣 国民、疑念の目

 【サンパウロ朴鐘珠】ブラジルでルセフ大統領が弾劾裁判開始に伴って職務停止に追い込まれたことを受け、テメル副大統領が12日、大統領代行に就任、財政健全化を進め、国民融和を図る考えを示した。だが、同時に発足した内閣には女性が任用されず、汚職事件の捜査対象者が含まれるなどルセフ政権時代とは顔ぶれが大きく変わった。暫定政権がルセフ氏の復権を阻むには、景気回復や政界浄化などで成果を上げ、国民の期待に応える必要がありそうだ。

 現地報道によると、テメル氏は就任演説で「ただちに国を鎮静化し、統合しなければならない」と述べ、弾劾…

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文986文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです