メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アカウミガメ

絶滅危惧種、浜松で産卵確認 NPOが保護

ウミガメの卵を埋め直す調査員の馬塚さん=浜松市南区白羽町で

 環境省のレッドリストで絶滅危惧種に指定されているアカウミガメの産卵が13日、浜松市南区の海岸で確認された。同市内で見つかったのは今年初めてで、例年より1週間ほど早いという。

 アカウミガメの保護、調査活動を行う浜松市のNPO法人「サンクチュアリNPO」(同市)のボランティア調査員が同日午前4時半ごろ、同区倉松町の波打ち際から約40メートルの砂浜で産卵巣を発見。深さ約…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです