メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選・トランプ現象

私はこう見る 存在感増す保守層 英ロンドン政治経済学院 トーマス・リーパー講師(政治心理学)

 英米は言語も同じで大衆文化も似ているうえ、両国関係は「特別な関係」と言われるように緊密なので、米大統領選への関心は高い。今回は、共和党候補指名が確実となったドナルド・トランプ氏の存在もあり、例年以上に興味を引いている。ただトランプ氏は、英国には存在しない、風変わりな漫画の登場人物のようなキャラクターとして単に話題を呼んでいる部分も多い。

 一方で、トランプ氏の右翼的な発言が支持される傾向は、英国にもある。移民排斥を主張する英国独立党(U…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文616文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  3. 講演会 元海軍兵 「国は若者を守らない」 反戦訴える
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. 森友交渉記録 理財局が廃棄指示 佐川氏ら処分へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]