メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外強制不妊救済法が成立
石巻 娘2人を亡くした夫婦

’16春/上 宮城・大川小遺族の夫婦 幼い笑顔に背押され

遥希ちゃんの笑顔に、高橋清晃さん、千春さん夫婦の顔も自然とほころぶ=宮城県涌谷町で2016年2月20日、佐々木順一撮影

これまでの記事

 高橋夫妻との出会いは2011年4月上旬、児童74人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校裏の、がれきをかき分けてできた歩道でのことだった。夫妻は小学4年の友さんと2年の芽衣さんの遺品を泥だらけになって捜していた。友さんが震災直前に書いた両親への手紙全文と共に同年5月、1回目の記事を掲載。夫妻はその後、登米市のアパートに入居し、2年半前に内陸の涌谷町で新居を構えた。昨年8月には長男が誕生し、「私たちの希望」という意味を込めて遥希と名付けた。夫妻の記事は今回で7回目となる。

この記事は有料記事です。

残り1448文字(全文1693文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです