メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

僧侶がいる病院 ただ寄り添い安らぎを

 僧侶が、非常勤ながら「職員」として働く一般の総合病院がある。患者や家族の苦悩に寄り添う活動をしてもらおうと、三菱京都病院(京都市西京区)では昨年2月から、仏教系の緩和ケア施設から僧侶の派遣を受けている。運営に宗教法人が関わっていない病院では珍しい取り組みだ。1年あまりの活動で見えてきた「僧侶がいる病院」の意義を聞いた。【花澤茂人】

この記事は有料記事です。

残り1518文字(全文1685文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  3. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  4. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  5. WEB CARTOP 明らかに健康に悪そう! いまだに地方で黒煙を上げる大型ディーゼル車が走っているワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです