メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界格闘技の日

猪木アリ戦から40年 6月26日を制定

6月26日が「世界格闘技の日」となり、得意のポーズをとるアントニオ猪木さん=東京都内で2016年5月16日、小座野容斉撮影

 「世紀の一戦」が記念日に−−。 プロレスラーのアントニオ猪木さん(73)と、プロボクシング世界ヘビー級王者のモハメド・アリさん(74)による「格闘技世界一決定戦」が行われた1976年6月26日から40年の今年、日本記念日協会が「世界格闘技の日」と認定した。東京都内で16日に記者会見した猪木さんは「たいへんありがたい。私にとってアリ戦はどこに行ってもついて回る。この記念日をきっかけに格闘技ブーム、プロレスブームがもう一度起こればいい」と語った。

 試合は土曜日の昼間に行われ、米国へも衛星生中継された。日本ではその日の夜にも再放送され、昼夜合わせ…

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文947文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 北海道知事選に夕張市長擁立で調整 自民

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです