メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ローマ法王

ペットより隣人を愛せよ…警鐘鳴らす

 【ローマ福島良典】ペットよりも苦しむ隣人を愛して−−。フランシスコ・ローマ法王は14日、現代人が猫や犬などのペットを偏愛するあまり、人間同士の連帯が時にないがしろにされていると嘆いた。

 イタリアのANSA通信によると、法王はバチカンのサンピエトロ広場で開かれた謁見で、カトリック信徒らを前に「猫や犬には大きな愛情を感じているのに、隣人の飢えは手助けをせずに放っておく人をしばしば目にする」と述べた。

 法王は、難民・移民やホームレスなどの弱者を助ける「貧者の教会」路線を掲げており、他人の苦しみを実感できない現代の「無関心のグローバル化」に警鐘を鳴らしている。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地震 防災無線 未明に大音量「セカオワ」震度4の宇和島
  2. 五輪スケート 小平、親友の李相花と競い合い
  3. 五輪スケート 「勝て」と言わぬ支援者 小平、金の恩返し
  4. 五輪フィギュア 宇野 真央さん導いた道、メダル目指して
  5. 平昌五輪 メダル授与式、なぜ別会場で?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]