メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

林望(作家、国文学者) 際立つ武将の個性 『謹訳 平家物語』第3巻刊行

 作家で国文学者の林望さんが「謹訳」と銘打ち、古典文学の傑作『平家物語』の現代語訳(全4巻、祥伝社刊)を進めている。今月刊行された第3巻は、倶利迦羅(くりから)峠の合戦や宇治川先陣争い、一の谷の合戦など。林さんは「恨みをのんで死んだ人々への鎮魂歌でありながら、現代政治を見るような生々しい人間性が面白い」と語る。

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1144文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです