メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

スマホっ子の風景 竹内先生の新教育論 災害時、ペット救出頼むツイートを見たら?

一刻争う情報も、十分厳選を

 熊本地震で、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)が安否確認などの手段として有効に機能した…中略…総務省は非常時の情報伝達手段として注目し、活用に関する検討を重ねている。

 右は5月7日の毎日新聞の記事です(一部地域掲載)。地震でLINE(ライン)などのSNSが大活躍したと報じられ、政府が非常時の活用を検討するまでになっているとのことです。スマホの利活用は政府も認めるところに来ていて、画期的な報道だと思います。

この記事は有料記事です。

残り1553文字(全文1778文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです