メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富士市

ごみ処理総量、7年連続減少 昨年度7万8780トン 前年度比2.5%減 /静岡

1人1日当たりの焼却量 目標値は未達成

 富士市は、2015年度のごみ処理状況をまとめた。総量は7万8780トン(前年度比2・5%減)と09年度以降7年連続で減少したが、市ごみ処理基本計画(15〜24年度)に掲げた1人1日当たりの焼却量などの目標値は達成できなかった。

 総量は01年度をピークに、旧富士川町と合併した08年度を除き減少。15年度の内訳は、焼却量6万7060トン(同2・9%減)▽資源物量1万14トン(同0・5%増)▽埋め立て・その他1706トン(同4・4%減)。焼却量の内訳は、家庭系4万4171トン(同2・8%減)▽事業系1万8534トン(同3・4%減)▽…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文715文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  2. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  3. 3分遅刻の結果は5時間中断 桜田氏「心から深くおわび」 衆院予算委
  4. 「とても驚いた」「ぎょっと…」夜間の大揺れに厚真町民 北海道地震
  5. 体長3.4mダイオウイカ死骸 河口に 島根・浜田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです