メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

食器バザーで熊本支援 明石の料理店、障害者NPO 22日、銀座商店街東通りで /兵庫

熊本地震被災者支援のバザーに提供する食器を整理する丸岡さん=兵庫県明石市鍛治屋町の「明石魚作」で、駒崎秀樹撮影

 熊本地震の被災者を支援しようと、明石市鍛治屋町の明石銀座商店街東通りで22日、バザーが開かれる。料理店が提供した食器などを販売し、収益を被災地で高齢者や障害者を支援する団体に寄付する。開催を呼びかけた近くの割烹(かっぽう)店「明石魚作」店主、丸岡健二さん(43)は「店で眠っている食器を好みの方に使っていただき、その収益で少しでも被災地のお力になれたらうれしい」と話す。

 丸岡さんは阪神大震災の時に全国から支援を受けた記憶もあって、熊本地震被災者のために何かしたいと考え…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. 「今、一番したいのは練習」羽生結弦の一問一答(上)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです