メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

サミット 日本の役割

島々が散在する英虞湾の中にあり、伊勢志摩サミットの開催地になる賢島(中央)=三重県志摩市で2016年4月19日、本社ヘリから加古信志撮影

 主要7カ国(G7)による首脳会議(伊勢志摩サミット)が今月26、27日に三重県志摩市で開かれる。議長国の日本はどのような役割を果たすべきなのか。また国際社会を揺るがすテロや核拡散の動き、さらにパナマ文書が明らかにした課税逃れや減速感強まる世界経済などで、世界のリーダーは明確な処方箋を示せるだろうか。

この記事は有料記事です。

残り4447文字(全文4598文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです