メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

サミット 日本の役割

島々が散在する英虞湾の中にあり、伊勢志摩サミットの開催地になる賢島(中央)=三重県志摩市で2016年4月19日、本社ヘリから加古信志撮影

 主要7カ国(G7)による首脳会議(伊勢志摩サミット)が今月26、27日に三重県志摩市で開かれる。議長国の日本はどのような役割を果たすべきなのか。また国際社会を揺るがすテロや核拡散の動き、さらにパナマ文書が明らかにした課税逃れや減速感強まる世界経済などで、世界のリーダーは明確な処方箋を示せるだろうか。

この記事は有料記事です。

残り4447文字(全文4598文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
  3. 仏国鉄スト 国民、生活の不便さ許容 「闘争」見守る
  4. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]