メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「がん社会はどこへ」連載を終えて=三輪晴美(生活報道部)

がんの治療でも「チーム医療」が進む。医師を中心に、さまざまな職種のスタッフが患者の情報の共有を図る=神奈川県藤沢市の湘南中央病院で

医師と共に生きる

 がん患者が安心して治療を受け、自分らしく生きるために必要なことは何か。昨年2月から今年3月まで、くらしナビ面で「がん社会はどこへ」を連載した。改めて思うのは、がん患者にとってまず必要なのが「医師とのより良い関係」ということだ。

 連載の初めに、関西在住で60歳代の玲子さん(仮名)の体験を取り上げた。玲子さんは公立病院で初期の乳がんと診断され、ほとんど説明もないまま手術の日を指定された。玲子さんは戸惑い、夫も手術に反対で、迷いを深めた。悩んだ結果、医師に手術しないことを告げると、「今後、乳がんに関して当院では一切の診察を受けない」という同意書にサインをさせられた。記事は反響を呼び、読者からさまざまな意見が寄せられた。玲子さんの心情をおもんぱかる声のある一方、「訴訟時代で、同意書を取るのは医療サイドとして当然」という声もあった。

この記事は有料記事です。

残り1471文字(全文1846文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです