メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PM2.5

石炭火力発電所計画、全て建設で2割増 環境NGO指摘、健康に影響も

 国内で相次ぐ石炭火力発電所の新設計画を受け、環境NGO「気候ネットワーク」(本部・京都市)などは17日、全て建設された場合、東京都と近隣県を合わせて微小粒子状物質(PM2・5)の1日の排出量が、現在の平均より最大で20%以上増加するとの予測をまとめた。愛知・大阪圏では5%以上増えるという。「大気汚染により、肺がんなど健康が害される恐れがある」と警告する。

 同ネットは、約10年後までに10件出力計750万キロワットの新設計画がある東京エリア(東京都心から…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 口永良部島が噴火
  2. 北海道に白いヒグマ 日大演習林で動画撮影成功
  3. 白イチゴ、3種類の商標登録出願 栃木県開発の新品種
  4. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  5. 盆栽窃盗相次ぐ 被害数千万円にも 埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです