メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ映画祭

ブラジル大統領弾劾に抗議…監督と女優ら

 【サンパウロ朴鐘珠】フランスで開催中のカンヌ国際映画祭で17日、ブラジル映画の監督と出演者がレッドカーペット上で、ルセフ大統領が弾劾手続きで停職に追い込まれたことに抗議する一幕があった。

     「ブラジルでクーデターが起きている」「非合法政府を世界は許容できない」

     そう書かれた紙を掲げたのは、最高賞パルムドールを競う出品作「アクエリアス」に出演したブラジルを代表する女優ソニア・ブラガさんと、クレベール・メンドンサ・フィリオ監督ら。

     写真撮影に応じる最中、内ポケットから紙を取り出してカメラに向けた。

     ブラジル連邦議会で進むルセフ大統領の弾劾手続きに対しては、野党勢力が政治的思惑で主導し、公平さを欠いているという批判の声が、知識層から上がっている。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
    2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
    3. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
    4. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
    5. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです