メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

モトコー

消える昭和? 存続の危機…神戸

耐震補強を理由にJR西日本から退去要請が出ている元町高架通商店街=神戸市中央区で2016年5月15日、平川義之撮影

 「モトコー」の愛称で長く親しまれる神戸市の元町高架通商店街が存続に揺れている。JR元町−神戸駅の高架下(全長約1.2キロ)の通路に並ぶ個性的な店の数々。戦後の闇市をルーツとし、昭和の雰囲気を残すが、土地を所有するJR西日本が耐震補強工事を理由に昨年12月に退去を打診した。多くの店舗は残留を望んでいるが、JR側は近く協議を本格化させる見通しで、店舗関係者に不安が広がっている。

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1137文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです