メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

拝啓オバマ様

fromヒロシマ 安佐北区・宗藤尚三さん(88) /広島

「被爆者の願いは謝罪ではなく、戦争の惨禍が繰り返されないこと」と語る宗藤尚三さん=山田尚弘撮影

ノー・モア・ヒロシマ

 安佐北区の宗藤尚三さん(88)は、自らの絶望的な被爆体験から「何故、自分は生かされているのか」と深く考え、牧師になった。「被爆の実態を知らない世界の人たちに核の惨禍を伝えることが自分の使命」と話し、オバマ大統領への手紙を書いてくれた。

 広島工業専門学校(現広島大工学部)1年の時、爆心地から約1・3キロの自宅で被爆した。倒壊した家屋の下敷きになり、割れたガラスなどで大けがをした。血まみれで運ばれた似島の救護所は1万人以上の負傷者であふれ、少年兵が息絶えた人たちを次々と穴に投げ入れている。「人間が粗大ごみのように捨てられる様子は地獄絵図さながら。おかしくなりそうで、無感情の状態に陥った」

 敗戦後、生き永らえた意味を問い、学校を辞めて東京神学大に入学。27歳で牧師になり、被爆体験の証言や…

この記事は有料記事です。

残り1505文字(全文1861文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです