メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坂村健の目

パナマ文書 調査報道の将来

 パナマ文書については、いろいろな方面で話題になっているが、我々の情報科学の分野的にもなかなか興味深い事件である。

 ただ今回の興味のポイントは、ハッキングとかではない。ポイントはデータのサイズ。「文書」と言うが、実は1150万ファイル、2・6テラバイトという巨大データの塊がその正体だ。

 経済犯罪で検察や調査報道の記者が行うのが押収文書の分析。文書を読み込んでその中に出てくる登記上の名前や住所が実質同じなのかとか、取引相手の血縁関係といった相関図を作り金の流れを追い、本当は誰の金なのかを解き明かす。

 しかし、2・6テラバイトは小さめの図書館にも匹敵する文書量。その分析はもはや人間のおよぶところでは…

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1146文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. コトバ解説 「デマ」と「ガセ」の違い
  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです