メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パリ発66人搭乗、地中海上で不明に

 【カイロ秋山信一】エジプト航空によると、パリ発カイロ行きのエジプト航空MS804便が19日午前2時半(日本時間同9時半)ごろ、地中海上を高度約3万7000フィート(約1万1000メートル)で飛行中にレーダーから消えた。同機は現地時間18日午後11時すぎにパリを出発し、現地時間19日午前3時15分ごろにカイロに到着する予定だった。

 同航空によると、乗客56人と乗員10人の計66人が搭乗していたとみられる。乗客56人の国籍はエジプト30人、フランス15人などで、日本人は含まれていない。1人の子どもと2人の乳幼児が含まれているという。

 機体は2003年製造のエアバスA320型。機長は同型機の飛行経験が約2100時間あったという。

 同航空は「エジプト領空に約10マイル(約16キロ)入った地点だった」としている。テロ情報の有無など事故の詳細は不明。

 エジプトでは昨年10月、シナイ半島でロシアの旅客機が墜落し、乗員乗客224人が死亡。過激派組織「イスラム国(IS)」の分派が、ロシアのシリア空爆への報復だとする犯行声明を出した。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. かもめ駐車場 江の島最大級、あすオープン /神奈川
  2. 吉良ワイキキビーチ 西尾の新パーク、23日にオープン /愛知
  3. 都市対抗野球 日本通運の阿部投手がノーヒットノーラン
  4. 警視庁 「社交界のプリンス」逮捕 少年の全裸撮影容疑
  5. 過労自殺? 新国立建設の現場監督、遺族が労災申請 残業、月200時間弱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]