メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バリアフリーマップ

開発1年 車椅子利用者、外出後押し 技術責任者、島大・伊藤助教 2年後完成へ /島根

基本設計が出来上がったアプリを見せる伊藤助教=松江市西川津町の島根大松江キャンパスで、藤田愛夏撮影

使い勝手など機能充実

 車椅子のバリアフリー情報を共有するスマートフォンアプリの開発プロジェクト「みんなでつくるバリアフリーマップ」が1年を迎えた。スマホを活用し、車椅子利用者が全地球測位システム(GPS)の走行履歴のほか、路面の段差やトイレなどの写真を投稿。アプリを使って公開し、車椅子での外出に役立てる。島根大学総合理工学部の伊藤史人助教(40)が技術責任者を担当。2年後の完成に向け、1年目は基本設計が出来上がった。【藤田愛夏】

 プロジェクトは昨年3月にウェブ検索大手「グーグル」が主催したテクノロジーを用いた社会問題解決のアイ…

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文769文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  3. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  4. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです