メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

災害時動物救援センター、設置計画前倒し 九重で現地説明会 /大分

救援センターを説明する獣医師会関係者。後方のバンガローは犬・猫舎に改造し、右手に広大なドッグランを設ける

 熊本地震の被災者のペットの犬や猫を一時預かる全国初の常設施設「九州災害時動物救援センター」の現地説明会が19日、九重町湯坪の旧キャンプ場であった。九州・山口の大規模災害に備えて今年度中にも創設する計画が3月に発表されたが、熊本地震を受け、6月1日のオープンに向けて急ピッチで工事が進む。九州動物福祉協会(福岡市)などは「被災したペットや飼い主の気持ちに寄り添い、生活再建のお手伝いをしたい」と話す。【楢原義則】

 旧キャンプ場(約3万平方メートル)はくじゅう山系の自然豊かな地蔵原地区にあり、所有者の九州電力から…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです