メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

耐震改修のポイント

 熊本地震では、建物の損壊や倒壊が相次いだ。自宅が十分な強さを持つのか、特に戸建て住まいの人は気になるところだ。耐震性を高めるためのポイントをみる。

 ●強化される基準

 住宅の耐震性は建築時期がひとつの目安になる。建築基準法の耐震基準は大地震のたびに強化されてきたからだ。

 最も重要なのは耐震設計を抜本的に見直した1981年改正で「新耐震基準」と呼ばれる。宮城県沖地震(78年)を受け、震度5強程度では軽度の損傷にとどまり、震度6強〜7程度でも倒壊しない性能を求めた。国土交通省によると、2013年時点の住宅5200万戸(集合住宅含む)のうち、新耐震基準に適合するのは82%。基準に満たない900万戸の4分の3は戸建てで、大半は木造だ。国は東京五輪の20年までに95%に高める目標を掲げる。

 ただし、木造住宅では、地盤調査や基礎強化などを盛り込んだ「2000年基準」も重要だ。死者の9割が建…

この記事は有料記事です。

残り1169文字(全文1563文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる
  4. 猪木、ハンセン、ドリー…往年の名選手ら集結 G.馬場さん没後20年追善プロレス
  5. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです