メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太公望繰り出す 九州・筑後川水系

解禁されたアユ釣りを楽しむ太公望たち=大分県日田市天瀬町で2016年5月20日午前8時29分、須賀川理撮影

 福岡、大分、佐賀の3県境を流れる筑後川水系で20日、九州で最も早くアユ漁が解禁され、夜明けとともに太公望が繰り出した。

     上流の大分県日田市・天ケ瀬温泉街を流れる玖珠川では、九州一円から駆けつけた友釣り愛好家約50人が一斉にサオを並べ、18〜15センチの銀鱗のアユを釣り上げた。釣り歴2年の福岡市西区石丸、久保山覚さん(61)は午前7時から1時間半で5匹、最長22センチと大健闘。「アユ釣りは繊細だが、やはり食べておいしいので」と満足げだった。

     日田漁協のアユ漁獲量は例年80〜70トンだが2013、14年は危機的な不漁が続いた。このため昨年は海産の稚アユを初放流。57.8トンに復活し、お盆以降は30センチ以上の尺アユも多かった。今季も同様の対策をしている。【楢原義則】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 2017欧州の岐路 仏大統領選、混戦模様 ルペン氏「フランス第一」 マクロン氏は「EU結束」
    2. 埼玉・車転落 衝撃でエアバッグ作動?前見えず 4人死傷
    3. 世界の雑記帳 米プロテニスの試合中近隣から「喘ぎ声」、選手は集中できず
    4. 特集ワイド 「あり得る」ルペン仏大統領 「自由・平等・博愛」どこへ ノスタルジーと排他性、日本に通底
    5. 爆発物騒ぎ 東京・秋葉原駅で 悪質ないたずらか

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]