メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

古里支援「1年休学決めた」神戸大、わかばさん

熊本地震の山間部の被災集落に救援物資を運ぶ寺本わかばさん=2016年5月9日、高尾具成撮影

 熊本地震で被害を受けた熊本県西原村で、1995年の阪神大震災の被災地だった兵庫県の神戸大の学生がボランティア活動に奔走している。両親や知人を見舞って古里の熊本に戻った寺本わかばさん(20)。1年間の休学を決め、救援物資などを手に被災した高齢者ら宅を回る。「元気づけないと」

 震災後、何も手に着かず、先月24日、神戸でワゴン車を借りて救援物資を積み込み、古里を目指した。被災地を目の当たりにした瞬間、「本当だったんだ」と胸が痛くなった。

 実家に戻ると家は何とか持ちこたえていたが、両親は仕事にダメージを受けていた。父篤史さん(52)が責…

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文824文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川貴教 登美丘高校「HOT LIMIT」動画に喜びも「もっと早かったら…」とボヤキ
  2. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  5. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです