メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舛添氏

収入の7割以上が交付金…3政治団体

 東京都の舛添要一知事が代表を務めた三つの政治団体は2010年からの5年間で、国から1億3400万円の政党交付金を受け取る一方、企業や個人からの献金は計790万円余にとどまった。政治資金パーティー収入などを含めても総収入に占める交付金の割合は7割に上る。

 舛添氏は政治資金からリゾートホテルの宿泊代や絵画購入費などを支出したとして問題視されているが、財源の大半は税金が原資の政党交付金だった。

 舛添氏が代表の「新党改革比例区第4支部」「グローバルネットワーク研究会」(ともに14年解散)と「泰…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文584文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. ミスせともの 3人PR誓う 瀬戸市長訪問 /愛知
  3. 先端に16mの「鼻」 次世代新幹線「ALFA-X」の試験車公開 JR東
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです