メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

義援金100億円超える

 熊本県は20日、熊本地震で県や日本赤十字社などに寄せられた義援金が100億8951万760円になったと発表した。義援金は今後も増える見通し。

     県によると、県と日赤県支部などの幹部でつくる配分委が、被害に応じて各市町村への義援金の配分額を決める。被害の大きかった熊本市や益城町、南阿蘇村、西原村など25市町村には既に計約7億5200万円を1次分として分配した。

     市町村から、死亡者・行方不明者と重傷者はそれぞれ1人あたり、20万円と2万円、住宅の全壊と半壊は1世帯あたり20万円と10万円が支払われる。【柿崎誠】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. お伊勢さん菓子博 「全国夢の市」 1時間待ち、売り切れに苦情 GWへ態勢強化 /三重
    2. フィギュア 村上佳菜子さんプロデビュー 
    3. ユーリ!!! on ICE 完全新作の劇場版アニメが製作 「オレたちは立ち止まれない!!!!」
    4. 氷の水族館 6年ぶり復活 600匹、冷凍庫で泳ぐ 宮城
    5. ダルビッシュ 捨て犬引き取る ツイッターの募集見て

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]