メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

義援金100億円超える

 熊本県は20日、熊本地震で県や日本赤十字社などに寄せられた義援金が100億8951万760円になったと発表した。義援金は今後も増える見通し。

     県によると、県と日赤県支部などの幹部でつくる配分委が、被害に応じて各市町村への義援金の配分額を決める。被害の大きかった熊本市や益城町、南阿蘇村、西原村など25市町村には既に計約7億5200万円を1次分として分配した。

     市町村から、死亡者・行方不明者と重傷者はそれぞれ1人あたり、20万円と2万円、住宅の全壊と半壊は1世帯あたり20万円と10万円が支払われる。【柿崎誠】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 兵庫・葬儀会社 男児解剖遺体 頭部にコンビニ袋
    2. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及
    3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
    4. 人身事故 山手線と埼京線で遅れ、6000人に影響 東京
    5. いきものがかり ゆかり厚木のCD店 惜しまれつつ閉店 ファンの「聖地」に賛辞の拍手 /神奈川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]