メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『エセー 7 全七分冊完結』=ミシェル・ド・モンテーニュ著

 (白水社・2592円)

ずっしりと胸に響く最晩年の想念

 日本人には「心に映り行くよしなしごと」をつづる『徒然草』の伝統があり、そのせいか、出家した吉田兼好とともに、世俗的なモンテーニュに思い当たる。

 フランス語原著では全三巻、この邦訳版では全七分冊になる古典の最終分冊が完結した。ギリシャ・ローマの古典を自家薬籠(やくろう)中のものにして自己流の独特な文章を読むのはそうとう難行らしい。だが、訳者には「とにかく日本語で気軽に読んでほしい」という願いがあり、それが成功しているのだから偉業である。

 十六世紀後半、四〇歳にもならないころから、モンテーニュ村の屋敷に隠遁(いんとん)して、領地を管理し…

この記事は有料記事です。

残り1185文字(全文1482文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友 籠池と妻諄子の両被告が保釈 夜に記者会見の予定
  2. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見
  3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  5. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]