メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

母語で安心届ける 外国人向けに阪大が12言語対応情報サイト

12言語で熊本地震関連の情報を発信するサイトを示す大阪大の塚本俊也特任教授(中央)と大学院生ら=大阪府豊中市で、大久保昂撮影

 熊本地震で被災した外国人に必要な情報を届けようと、大阪大が「熊本地震多言語情報サイト」を作り、更新を続けている。12言語に対応しており、行政からの連絡や避難生活中の注意点などを翻訳して掲載。開設から1カ月でアクセス数は8000件を超えた。

 対応する外国語は、英、仏、中、韓、スペイン、ポルトガル、インドネシア、タイ、ベトナム、タガログ、アラビア、ネパール。災害時の外国人の支援体制などを研究している塚本俊也特任教授(57)=危機管理学=が思いついた。4月14日に地震が起きると、外国人の避難所となった「熊本市国際交流会館」(同市中央区)を運営する市国際交流振興事業…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  2. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文
  5. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです