メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

諫干

漁業環境改善へ基金創設を検討…和解協議で国

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)の潮受け堤防排水門開門を巡る長崎地裁での訴訟の和解協議で、国が開門に代わる有明海再生策として、漁業環境改善のための基金創設を検討していることが関係者への取材で分かった。23日の和解協議で開門を求める漁業者らに提案する見通し。だが、漁業者側は「開門以外の解決策はない」と主…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文360文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  2. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  3. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  5. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです