メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

時代の危機と短歌=酒井佐忠

 昨年の9月と12月、京都と東京で開かれた緊急シンポジウムが、記録集『時代の危機と向き合う短歌−原発問題・特定秘密保護法・安保法制までのながれ』(三枝〓之・吉川宏志編、青磁社)として一冊にまとまった。シンポジウムでは三枝、永田和宏のベテラン歌人の講演と中堅、若手歌人による討議が行われ、そのすべてを一冊に収録することで、短歌と現在の時代の危機との関係を如実に受け止めることができる。

 <戦後七〇年いまがもつとも危ふいとわたしは思ふがあなたはどうか><権力にはきつと容易(たやす)く屈…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです