メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

時代の危機と短歌=酒井佐忠

 昨年の9月と12月、京都と東京で開かれた緊急シンポジウムが、記録集『時代の危機と向き合う短歌−原発問題・特定秘密保護法・安保法制までのながれ』(三枝〓之・吉川宏志編、青磁社)として一冊にまとまった。シンポジウムでは三枝、永田和宏のベテラン歌人の講演と中堅、若手歌人による討議が行われ、そのすべてを一冊に収録することで、短歌と現在の時代の危機との関係を如実に受け止めることができる。

 <戦後七〇年いまがもつとも危ふいとわたしは思ふがあなたはどうか><権力にはきつと容易(たやす)く屈…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文571文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです