メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

羽生名人、AIと決戦か 次期電王戦の予選参戦表明

羽生善治名人=東京都千代田区で2016年3月16日、後藤由耶撮影

 日本将棋連盟とドワンゴは22日、将棋の棋士とコンピューターソフトが戦う第2期電王戦に出場する棋士を決める第2期叡王戦に、羽生善治名人(45)が出場すると発表した。

 叡王戦はエントリー制の棋戦で、第1期にはエントリーせず出場しなかった。第2期は予選から出場し、優勝を果たせば、将棋界のトップ棋士とソフトの“頂上決戦”が実現する。

 渡辺明竜王(32)は前期に続いて出場しない。9月まで予選、11月まで本戦が行われ、叡王を決める三番勝負は12月、第2期電王戦は来年春に開催される予定だ。電王戦出場ソフトは10月に決まる。【山村英樹】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  2. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  3. ロシアW杯 決勝に水を差す愚行 男女4人が乱入
  4. プラスチック危機 海流入、50年までに魚の総重量超え?
  5. プラスチック危機 つながる海、牙むくゴミ(その1) クジラの体内から29キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]